慰謝料の基準について

人身事故の慰謝料は、治療にかかった治療費とは別のもので、事故による怪我で負った精神的な苦痛などの損害を賠償するものです。この慰謝料の算定基準ですが、まずは裁判所の基準があります。ただ、人身事故はほとんどが示談となりますから、司法判断を待つというのはあまりありません。裁判所での基準はその裁判所の事故の捉え方や過去の、判例を基に算定され比較的高い慰謝料額となるのが特徴です。

次に、任意保険基準です。車に乗っているひとであれば、任意保険にはほぼ全員が加入していることでしょう。この任意保険基準はその保険会社による算定となります。これは保険会社によって算定方法も基準も変わってくるのが特徴と言えます。

そして自賠責保険基準です。自賠責保険は最低限の保障のために加入義務のある保険ですので、慰謝料の算定も低く設定されています。こうした3つの基準により、慰謝料は算定されるのですが、最も多いケースとしては、任意保険基準です。ただ、保険会社は相場よりも低い額を提示してきますし、治療中での交渉も行ってきますので、個人で保険会社と慰謝料の交渉をするのは分が悪いことになります。つまり、慰謝料の交渉については被害者側も交渉のプロを用意することが重要なのです。